こんにちは。山口市の司法書士さくらばたけ事務所の司法書士山本崇です。

最近、宇部市に仕事で頻繁に行っています。週の半分くらい、多いときはほぼ毎日宇部市まで行っています。一度、一日のうちに2回宇部に行ったこともあります。宇部での仕事は銀行さんから紹介していただく、抵当権設定と抵当権抹消です。今のところ売買とか相続とかに絡む登記の仕事は宇部ではないですね。

売買に伴う所有権移転登記はふつうは不動産屋さんから紹介していただくのですが、私は今のところ宇部市内の不動産屋さんとは取引がありません。ちょくちょく宇部に行っている関係上、その足で不動産屋さんに営業してはいるのですが、やはりほとんどの不動産屋さんはすでに特定の司法書士さんと提携していますので、そこに新たに入り込むというのは、ちょっとやそっとの努力ではできないのでしょう。また、わざわざ山口市の司法書士に頼むというのもちょっと・・・という意識もあるのかも知れません。

不動産屋さんに営業に行っているとよく言われるのは「司法書士の営業ってのは初めてだ」ということです。私以外の司法書士さんがまったく営業をしていないわけではないのでしょうが、どちらかというと少数派なのでしょうか。でも、営業をしないでみなさんどうやってお仕事を紹介していただいているのでしょうか。疑問でなりません。私の場合は、とくに今までどこかの司法書士事務所で下働きをしていたとか、不動産屋さんや住宅メーカーで働いていたという経験がないために、まずは営業をするということしか思い浮かばないのですが。

今のところすごくいい結果には結びついてはいませんが、少しずつ手ごたえは感じていますので、もう少し営業を頑張ってみようと思います。