山口市中河原町 司法書士さくらばたけ事務所 司法書士は あなたに寄り添う街の法律家です

相続手続き

  • HOME »
  • 相続手続き

急にお父様が亡くなられた、以前から相続の手続きをしないといけないと思っているのだけど、手続きが面倒だし難しそうなので放ったらかしにしている。まだ、自分は大丈夫だと思うけど、いざという時のために、遺言書を書いておきたい。そういったお悩みがありましたら、一度ご相談ください。当事務所の司法書士が、ご相談者様のお悩みに一番ふさわしい解決方法をお教えいたします。

相続手続き全般

相続手続きには、不動産に関しての相続登記がありますが、それにとどまらず、行政機関への各種の届け出、生命保険金の請求、被相続人の死亡によって凍結された預貯金口座の解約等あらゆる相続手続きについて代理人としてご依頼をお引き受けいたします。相続というのは、一人の方の人生の中において、それほど頻繁に訪れることではありません。ですので、実際に相続が発生しても、行政機関へのちょっとして届け出であっても、悩まれる方もいらっしゃいます。なんとか届出書を書いていざ提出してみても、あれこれ修正をするよう言われることも少なくはないでしょう。また、凍結された預貯金口座については相続人全員の実印の押印が必要となってきます。もちろん、相続登記の手続きは、一般の方には専門的過ぎてご自身の力だけで行うことは困難です。そうした場合に、すべての相続手続きを一人の専門家に任せることができたら、時間的にも経済的にも、さらには精神的にも非常に楽になります。

相続登記

相続登記は、上でも書いた通りかなり専門的な手続きです。不動産登記の仕組みや不動産登記法について詳しく勉強されたことのない一般の相続人の方が自分の力だけで行うのは極めて困難です。申請書の書き方ひとつとっても、相続財産が共有名義であるか単独名義であるかによって変わってきますし、相続不動産がどれだけあるのか把握するのもなかなか難しい問題です。とくに、相続した不動産をすぐに他の人に売ってしまおうと考えている場合、相続登記をきちんとやっておかないと、その後の売買で非常に苦労することとなりますし、場合によっては、余計なお金が必要になったり、最悪売ることができなくなることもあります。こうしたことがないように、登記の専門家である司法書士は、相続人の方のご意向をうかがって、もっともふさわしい方法で相続登記の手続きを代理することができます。相続登記の手続きに少しでも不安を覚えたら、すぐにご相談ください。

相続をしたくない場合は?

相続といっても、いつも財産を手に入れる場合だけとは限りません。亡くなられた方が、多額の借金を抱えていた場合、これらの借金も相続の対象となります。プラスの財産は欲しいけど、借金のようなマイナスの財産は相続したくないと思われる方も多いでしょう。しかし、相続財産に借金が含まれる場合、この借金は相続人全員が連帯して返済する義務があります。遺産分割協議で、自分は借金を相続しないと話がまとまっても債権者は、相続人全員に返済を請求することができるのが法律です。では、どうしても借金を相続したくない場合は、どうしたらいいでしょうか。その場合は、相続放棄をすることとなります。相続放棄は家庭裁判所で手続きを行いますが、司法書士が相続放棄の手続きについて代理して行うことができますので、相続放棄をされたいという方がいらっしゃったら、一度ご相談ください。
相続放棄は、亡くなった方の財産を一切放棄する手続きで、マイナスの財産だけでなくプラスの財産も放棄することとなります。これとは別に、亡くなられた方が持っていたプラスの財産の限度でマイナスの財産を相続する「限定承認」という手続きもあります。この限定承認も同じく家庭裁判所での手続きで、司法書士が代理して手続きを行うことができます。限定承認についての詳細は、一度当事務所までご相談ください。

遺言書の作成

自分はまだ元気だけど、将来自分に万一のことがあったときに、自分の相続人の間で相続争いが起きないか心配。そういった方には、生前に遺言書を作成することをお勧めいたします。遺言書が作成されている状態で亡くなられた場合は、その遺言書に従った遺産分割しかできませんので、相続で争いが発生することは通常ありませんから、後々の相続争いが心配な方には非常に有効な手段と言えます。
遺言書には、主に①自筆証書遺言②公正証書遺言③秘密証書遺言の3種類があります。これらの3種類の遺言については、その方式が法律で決められており、一般の方がご自身の力のみで作成することは非常に困難ですし、いざ相続が発生して遺言書を見てみたところ、法定の方式に従ってないため遺言が無効となることもあります。ですので、遺言書の作成を考えられているのであれば、必ず司法書士等の専門家にご相談ください。なお、当事務所では公正証書遺言を原則としていますが、ご依頼者様がどうしても他の種類の遺言にこだわるのであれば、自筆証書遺言や秘密証書遺言にも対応させていただきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 083-929-3806 業務時間 午前8:30~午後17:00
時間外の相談はご予約ください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

さくらばたけ事務所のブログ

法務局休日相談所の思ひ出(桐友12月号より)

いつのことだっただろうか忘れてしまったが、まだ今年の夏の暑さがその隠された牙をむくよりもずいぶん前のことだったと思う。一本の電話がそれまでの私の静寂な生活を激変させることになった。それは、私のみすぼらしいズボンのポケット …

社員さんについて最近思うこと

10月からさくらばたけ事務所で働くことになった社員さんの自己紹介文を数日前に載せましたが、ここ最近その社員さんについて思うことを書いてみたいと思います。ちなみに、彼女はパートタイムの有期雇用という雇用形態ですから、一般的 …

自己紹介

10月の初めから補助者として採用になりました。語学の学校を卒業しており司法書士の仕事につきましては一からの勉強となりますが、一生懸命つとめていきたいと思います。 出身は広島の竹原というところで、海と山に囲まれた所でのんび …

新入社員を採用しました!

みなさん、ご無沙汰しております。山口市中河原町の司法書士さくらばたけ事務所の司法書士山本崇です。 このたび、わが事務所初となる社員さんを採用いたしました。8月下旬にあまりにも業務が多忙となり、次つぎと くる依頼をさばきき …

意外と多い委任状についての質問

こんにちは。山口市中河原町の司法書士さくらばたけ事務所の司法書士山本崇です。 今回は、割とよく質問される委任状についての質問について書いてみます。 その質問というのは、金融機関の担当者さんや不動産屋の担当者さんから時々頂 …

PAGETOP
Copyright © 司法書士さくらばたけ事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.