弁護士さんからの電話

懇意にしている弁護士さんから突然の電話

こんにちは。山口市の司法書士さくらばたけ事務所の司法書士山本崇です。今回は弁護士さんについてのお話。

少し以前も書きましたが、私が懇意にしている弁護士さんがおりまして、その方の事務所に先日うかがってきました。遺産分割調停の件でのお話でした。その話自体はその場で終わり、私はそそくさと事務所を後にしたのですが、それから1週間くらい経過したころでしょうか、ある日、その弁護士さんから再度電話がかかって来ました。そのときに弁護士さんの事務所でお話したことの確認と、後日私が弁護士さん宛に送った郵便についての内容の確認でした。電話での話を終えると、急に雑談になりました。その中で、弁護士さんから、今度紹介したい人がいると伝えられました。不動産業と広告業をやってる会社の代表者さんで、その弁護士さんが提携しているのだとか。一席設けるので一度お会いしてみて下さいと。そこで初めて気付いたのですが、その弁護士さんは、私の知らないところでかなり私のことに目をかけてくださっていたようです。こういう人のつながりというのは大切にしたいものです。紹介していただく会社の社長さんにも興味津々ですが、いつもオネエ系のその弁護士さんと一緒に食事をすることができるのが今から楽しみで仕方ありません。