みなさん、おはようございます。山口市中河原町の司法書士さくらばたけ事務所の司法書士山本崇です。

今日は登記にかかる費用、特に、司法書士の報酬について少し書いてみようと思います。

みなさんが、司法書士に登記を依頼するときに一番気になるのは、どれくらいの費用がかかるのかということではないかと思います。これは登記というものの性質にも関係してくるのですが、例えば依頼者が相続登記を司法書士にお願いした場合、どの司法書士に頼んでも最終的な登記の結果は同じになります。相続登記をお願いしたのに抵当権の設定登記がされたなんてことは絶対にありえません。つまり、どの司法書士に依頼しても結果は一緒なので、どうしても費用が安く済む司法書士に依頼しようという意識が働くのです。その結果、どのくらいの費用がかかるのかということが登記を依頼される方の一番の関心事になりやすいのです。もちろん、親しみやすい司法書士であるとか、司法書士の事務所が自宅から近いとか、手続きをスムーズにおこなってくれるとか費用以外の面を重視する方もおられるのは確かですが。

で、この司法書士に依頼者が払っていただく費用が、すごく高い!というイメージを持っている方が意外と多いのです。ある登記を司法書士に依頼しようとして見積もりを取ってみると、50万円とか場合によっては100万円とかの見積書を渡されることもあります。私もそういう見積もりを作ることはあります。50万、100万となるとやはり司法書士の報酬は高いと思われても仕方がないでしょう。

しかし、その見積書をよく見ていただきたいのですが、「登録免許税」という項目がやたらと高額であることがほとんどです。具体的に説明すると売買による土地の登記にかかる登録免許税は、その土地の固定資産評価額の1.5%です。ですので、1億円の評価額の土地を購入すると、登録免許税だけで150万円かかります。当然ながら、この150万円の登録免許税はすべて国に支払われるもので登記を担当した司法書士の元には1円も残りません。そして、その登記をおこなった司法書士の純粋な取り分つまり報酬は5万円とかだったりします。

このように司法書士が作成する見積書には、ほとんどの場合、登録免許税などの実費分が計上されていて、その額がかなりの部分を占めていることが多いのです。ですので、登記にかかる費用は確かに高額であることもありますが、それは税金などが高いからで、我々司法書士の報酬は多くの場合、10万円もかからないのが通常です。

司法書士の先生によっては自分の事務所のホームページに、報酬一覧表を掲載しておられることもあります。それを一度ご覧になってみるといいでしょう。司法書士の報酬って意外と安いんだなと思われるのではないでしょうか。いずれ私も自分の事務所の報酬規程をホームページ上に公開しようと思っておりますので、今しばらくお待ちください。