こんにちは。さくらばたけ事務所の司法書士山本崇です。今回は昨日の一日の私の様子をつれづれなるままに書いていきたいと思います。

私は、平成26年度の司法書士試験に合格し、翌27年8月にいきなり自分一人で司法書士事務所を開業しました。最初は自宅兼事務所でやっていたのですが、今から約1年前に市内中心部に事務所を借りて今はそこで仕事をしています。事務所を借りると毎月家賃を払わないといけないので正直きついのですが、やはり自宅兼事務所というのはあまりお勧めはできないです。お客さんが自宅というプライベートな空間に入ってくるわけですので、お互いに気を使ってしまいますからね。

で、昨日は新たなお客さんを開拓するために、市内の不動産屋さんにあちこち営業に行っていました。割と大きな不動産屋さんからお一人で仕事をされている不動産屋さんまでいろいろでした。正直、私は営業に対しては結構抵抗感があったのですが、何度も営業を行っていると少しずつ慣れてきました。それに、営業をした結果お仕事を頂けると、もっと営業頑張ろう!という気にもなります。もし、まだ営業をほとんどされていない方がいらっしゃいましたら、一度営業してみるといいかと思います。銀行にしてもそうですが、不動産屋さんの方も司法書士が営業に来るのは慣れているのか、割と快く受け入れてくれます。もちろん、中にはあまり興味なさそうだなっていう態度の方もいらっしゃいますが、あからさまに嫌な感じの対応をされたり、ましてや罵倒されるなどということはまずありません。

とは言え、ふつう不動産屋さんはどこも、すでに決まった司法書士さんを持っていますので、そうしたところに一度営業に行ったくらいでお仕事を頂くのはかなり大変です。相手が興味を引く話をしたり、相手にとってもメリットになるような取引材料は持っていた方がいいでしょうね。私としては企業法務が得意なので、そうした点でお力になれるということを力説しています。ただ、一番いいのは開業したばかりの不動産屋さんと仲良くなることでしょうか。開業したばかりだとまだ特定の司法書士さんとつるんでないのが普通ですので、私たちが入り込める余地が多分にあります。それに仕事を進めていくうえで法律上の問題が出てきても、それを上手く処理するノウハウをお持ちでなかったりしますので、そこで力を貸してあげると頼りにされると思います。あとは異業種交流会とか名刺交換会等で不動産屋さんの社長さんと知り合うといいかと思います。飛び込み営業で売り込むよりは、スマートな売り込みができると思います。

とは言え、私もまだまだですので、これからもどんどん営業を頑張らねば!