相続手続きは司法書士、弁護士、税理士のうち誰に相談すべきか

こんにちは。山口市役所の近くで司法書士事務所を構えている司法書士の山本です。今回は相続が起きた際の相談窓口について簡単にまとめてみました。

初めて相続手続きをおこなうことになったのはよいものの、まず何から始めたらいいのか分からないという方も多いと思います。たとえば「故人の口座に生活費が入っており、すぐに引き出せるようにしたい」、「相続によって不動産の名義変更が必要になったがどうすればいいか分からない」などの悩みが多く見られます。

相続手続きは一般的に専門家とともに進めていけばスムーズに解決することが多いのですが、専門家にも弁護士や司法書士、税理士など、どの専門家に相談すればいいのかも迷ってしまう方は少なくありません。

そこで今回は、相続手続きのご相談やご依頼は司法書士、弁護士、税理士の誰にするのが最適なのか解説していきます。各専門家の役割を紹介していきますので、相続手続きにお悩みの方はぜひご参考にしてください。

司法書士の役割

相続手続きにおける司法書士の役割は、主に不動産の名義変更が挙げられます。相続が発生した場合、5割のケースで不動産相続が発生するため非常に重要な手続きです。もし不動産の名義変更が必要となった場合は司法書士に相談すれば間違いありません。司法書士は相続不動産に関する登記申請をおこなうのが主な仕事です。そのため、相続手続においても様々な役割を持っています。

相続では不動産の名義変更以外にも、行政機関へ各種書類の提出や生命保険金の請求、故人の凍結された預貯金口座を解約するための手続きなど、様々な手続きを進めていかなくてはなりません。しかし、司法書士であればこれらの手続きもすべてお任せできるので安心です。

注意すべきポイントは、司法書士の中には相続登記だけ取り扱っているケースもあるという点です。たとえば不動産の名義変更には対応してもらえるものの、金融機関に連絡を取り預貯金の解約手続きまでは対応していない場合があります。そうなると結局相続人が手続きを進めていかなくてはならないので、司法書士を選ぶ際にはなるべく相続手続き全般をサポートしてもらえるところを選ぶようにしましょう。

弁護士の役割

相続手続きにおける弁護士の役割は、相続人同士で争いに発展した場合の解決です。相続人同士でのトラブルは発生しやすいもので、話し合いを設けてもなかなか解決に至らないケースは多く見られます。

場合によっては遺産分割調停や審判など、裁判所で手続きを進めておかなくてはなりません。話し合いが進まない時や相続人同士で揉めそうな場合は弁護士に相談してみましょう。

弁護士は法律のプロであるため、相続手続きに関して様々な働きをしてもらえます。しかし、やれることが多い反面、司法書士・税理士などへの相談と比べて費用も高額です。費用を抑えたい場合は「弁護士に何を解決してもらいたいのか、どこまで依頼するのか」を明確にしておきましょう。

税理士の役割

相続手続きにおける税理士の役割は、主に相続税の申告が挙げられます。相続税とは、遺産を受け継いだ際にその金額に応じて納めなくてはいけない税金です。相続税の課税対象は、現金や預貯金などの金融財産から不動産、自動車、家具など相続で故人から受け取るすべての資産となります。

相続税が発生する場合、申告手続きが必要です。ただし、相続税が発生するケースがそもそも少なく、平成30年の相続税申告書が提出された割合は、相続発生件数のうち6.7%と1割にも満たない数字になっています。

これは、相続税には「基礎控除額」が設定されているためです。相続税に基礎控除額があることで、最低でも3,600万円を超える相続財産を受け取らない限り相続税を納める必要がありません。もし相続財産が3,600万円を超える可能性が高い場合は税理士に相談しておくと良いでしょう。

相続手続きのご相談・ご依頼は司法書士への相談がおすすめ

ここまで司法書士、弁護士、税理士の役割をご紹介してきましたが、相続手続きのご相談・ご依頼はまず司法書士に依頼するのがおすすめであると言えます。

税理士は相続税の申告に限られてしまいますし、弁護士はやれることが多いものの費用が高額になりやすいためです。ですので、とくに相続税を申告する必要もなく、相続人同士での争いも起きていない場合は司法書士に手続き代行・相談をした方がスムーズな解決につながります。

また、司法書士と名称が似ている行政書士という士業もあります。行政書士は戸籍などの証明書類の収集代行や遺産分割協議書の作成、相続手続き代行などがおこなえますが、不動産登記や相続税の申告はできません。不動産が遺産に含まれている場合、行政書士に依頼してしまうと重要な不動産の名義変更がおこなえず、別途司法書士に依頼しなくてはいけないため注意しましょう。

相続手続きのご相談・ご依頼のまとめ

今回は相続手続きのご相談・ご依頼は誰にすべきかを紹介してきました。士業ごとに役割が異なるものの、まず司法書士に相談すべきと言えます。ただし、司法書士の中にも不動産の名義変更だけにしか対応していない場合もあるため、必ず相続手続き全般に対応してもらえるか確認してみてください。

山口県内で相続手続き全般をサポートできる司法書士さくらばたけ事務所は、ご依頼された方に寄り添い、親身になって相続手続きを手掛けてまいります。初めての相続でお困りの方は、ぜひ司法書士さくらばたけ事務所へご相談ください。

0

PAGE TOP