徒歩通勤

こんにちは。山口市役所そばで司法書士事務所を開いております司法書士の山本です。

これまで自宅と事務所との行き来は自家用車を利用していて、それが当たり前だったのですが、最近は意識して徒歩で通勤するようにしています。毎月1回程度山口市が音頭を取ってノーマイカーデーというのをやっていて、その案内を見るたびに、車に頼った生活というのをできる範囲で見直したいなと常々思っていました。5月のノーマイカーデーは山口市内でオリンピックの聖火リレーが行われる日に設定されていまして、そのときは私もバス通勤をしようと思っていました。どうせならということで事務員さんにも呼び掛けて、無理しなくていいので、としたうえで、可能ならバス通勤してください(バス代は事務所持ちです)としていました。ところが、当日は朝からあいにくの雨。雨の中をバス通勤するのは嫌だなあとなって私も事務員さんも全員マイカー通勤となりました。

それでも私は車に頼った生活を少しでも変えたいと思っていましたし、5月下旬にあった宮野商工振興会の役員会に出席したときに、会長から「山本さんもけっこうお腹出てますね」と言われたことがきっかけで、可能な限りマイカー通勤をやめて、かといってバス通勤でもなく徒歩通勤を心掛けるようにしました。自宅から事務所まではまっすぐ行けば3キロ弱。ただ朝は次男を保育園に連れていく必要があるため、少し寄り道をするので4キロ超になります。帰りは事務所からまっすぐ自宅に帰れますが、その足で長男を小学校近くの学童保育へ迎えに行き、さらに次男を保育園に迎えに行ったうえで自宅に帰るので、約7キロの道のりとなります。

つねに車での移動になれていたため最初はちょっと大変だなあと思いましたが、最近は特に自宅から事務所までの朝の通勤は全然苦になりません。雨が降った時に少しつらいなと思うくらいです。夕方、子どもたちを迎えに行くのは少し大変ですが。でも、それ以上に楽しい発見がたくさんあります。朝、事務所に向かうときなどに自分と同じように歩いている人とすれ違うと、おはようございます!という当たり前のあいさつが自然に出てきますし、道端に咲いている花に見とれたり広場の草むらに寝転がってる野良猫をなでたり、今まで知らなかったお店を発見したりと飽きることがありません。車での通勤ではこうした発見は難しいでしょう。仕事を終えて家に帰る途中で最近見つけたお店によって晩御飯のおかずをかったり。車での移動では、前の車、早く行かないかなあとか変なところに車を止めてじゃまだなあとかストレスばかりたまるような気がします。

もちろん、車での通勤がすべて悪くて徒歩や公共交通機関での通勤が無条件に良いというつもりはありませんが、徒歩通勤をするとなんとなく心にゆとりができるように感じますし、仕事も頑張れるように思います。朝イチで用事があるとか、帰り際にお客様のところに行かないといけないとか、そういった事情がないときにはこれからもできるだけ徒歩での通勤をしてみたいと思います。

+2

PAGE TOP