家族信託を誰に頼むべきか

日本は2007年から超高齢社会に突入し、年々高齢者数が増加している状況にあります。そんな中、自分に万が一のことがあった場合、財産管理をどうすべきか迷っている方や不安に感じている方は多いのではないでしょうか。

そんななか、成年後見制度や遺言など、財産に関する様々な制度がある中で近年注目を集めているのが「家族信託」です。家族信託なら万が一どなたかが亡くなっても、その方の財産管理や相続がスムーズになります。

ただし、家族信託を検討されている方の中には誰に相談すればいいのか分からないといった方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、家族信託は誰に相談すべきかお話していきます。また、家族信託が、成年後見制度や遺言がある中でなぜ話題になっているのかも解説していきますので、ぜひご参考にしてください。

家族信託の特徴

家族信託とは、ある方が、高齢などの理由により判断能力が衰え、自身の財産管理ができなくなってしまう前に、ご家族へ財産管理や処分できる権利を与える方法を指します。家族間で信託契約を結びますので、資産自体はご家族に受託されますが、受託者であるご家族の方が、受託された資産を運用・処分・管理することで利益が発生した場合、受益者であるご本人様のものになります。

たとえば、未成年の子どもに財産を残したいものの、一括で財産を相続させるのは不安と感じている方がいらっしゃった場合や、ある程度のご高齢になった方が、自身が認知症になったときに備えて、自分の不動産や預貯金を実子に管理してもらいたいといった場合に、よく家族信託が活用されています。他の親族と家族信託を結ぶことでご自分の財産管理はすべて親族が行うことになりますが、受益者を子どもに設定しておけば毎月資産を支給することも可能です。

家族信託に注目が集まる理由

家族信託はメリットが多い反面、財産管理を任せる受託者は信頼できる親族を選ぶ必要があったり、場合によっては親族間で揉めてしまったり、節税効果が少なかったりするなどのデメリットもあります。しかし、それでも注目される理由は、資産を家族に預ける立場の委託者がまだ元気なうちから活用できるという特徴があるためです。

任意後見制度の場合、本人が元気な間にご自身の後見人を指定することになります。ただし、後見人が実際に活動するのは本人が認知症などによって判断力の低下が見られてからです。

家族信託だと認知症の有無に関係なく、契約を結んでおけばまだ認知症になっていなくても財産管理を任せられます。もし委託者と受託者の間で意見が合わなくなったり、信頼できない状態になったりすれば解除することも可能です。こうした活用しやすい点などが家族信託の注目度を高めています。

家族信託を依頼できる専門家

家族信託について依頼できるのは、主に司法書士、弁護士、税理士などです。

司法書士

司法書士は主に不動産登記や相続、成年後見などを担っています。家族信託は相続・後見制度にも深く関連しているため、家族信託の相談もしやすいでしょう。また、資産の中に不動産が含まれていることも多いため、司法書士に相談すれば信託についての登記もまとめてお願いしやすくなります。私の感覚でいえば、家族信託に一番力を入れている士業が司法書士だと思います。

弁護士

弁護士は法律全般の専門家であり、当然家族信託の相談も可能です。家族信託は平成19年に施行された信託法に基づく制度であり、比較的新しい制度なのでトラブルが発生するケースも少なくありません。そんな時に弁護士へ相談すると各方面からサポートしてもらえます。

税理士

一見家族信託とはあまり関係なさそうな税理士ですが、家族信託をサポートしてもらえるケースがあります。例えば相続税がどれくらい発生するのか算出する際に、どのような財産承継のプランが適切になるかをシミュレーションできます。その際に家族信託が適切であればサポートしてもらえるのです。ただ、家族信託を敬遠する税理士も多いように感じます。

家族信託は司法書士に相談するのがおすすめ

司法書士、弁護士、税理士では家族信託の相談にも対応していますが、特に司法書士への相談がおすすめです。なぜなら、初めから司法書士の相談をしておけば書類作成から手続き代行まで、まとめて相談できるためです。

弁護士への相談でも必要な手続きなどはまとめて対応してもらえるものの、別途司法書士への依頼が必要になったり、すべてのサポートになるため、依頼にかかる費用が高額になってしまいやすいという欠点もあります。そのため、できるだけ費用を抑えつつ、家族信託の様々なサポートを受けたい場合は司法書士へ相談してみるのが得策でしょう。

家族信託で相談すべき専門家まとめ

今回は、家族信託は誰に相談すべきかをご紹介してきました。家族信託は信頼できる親族へあらかじめ財産管理をお願いしておくことで、万が一のことが起きても財産をスムーズに相続できたり、受益者へきちんと資産を渡したりできます。

家族信託は基本的に司法書士、弁護士、税理士へ相談できますが、なかでも司法書士に相談した方が後々楽になるケースも多いのも事実です。家族信託や相続では面倒な手続きなども発生するため、すべて司法書士にお任せください。

山口県の司法書士さくらばたけ事務所では、家族信託のご相談ももちろん受け付けております。不動産登記や相続手続きに関するご相談もまとめてサポートいたしますので、家族信託をしようか迷われている方もお気軽に司法書士さくらばたけ事務所へお問い合わせください。

0

PAGE TOP