不動産登記を司法書士に依頼する場合費用はどのくらいかかる?

司法書士は書類作成や各種手続きの代理など、法律に関する様々な業務を担う職種です。特に不動産登記の手続きではほとんどの方が司法書士への依頼を検討されると思います。

土地や建物を取得した場合に所有者を明確にしたり、不動産の状態を法務局へ登記したりするなど、様々な手続きを司法書士は代理することができます。では、実際に不動産登記を司法書士へ依頼する場合、どれくらいの費用が掛かってくるのでしょうか?

そこで今回は、不動産登記を依頼した場合の相場から費用の内訳、なぜ不動産登記が必要なのかをご紹介します。これから司法書士へ不動産登記を依頼しようとお考えの方はぜひご参考ください。

なぜ不動産登記を行う必要があるのか?

不動産を取得した際に必ず行われる不動産登記ですが、そもそもなぜ行わなくてはいけないのでしょうか?不動産登記を知るためには、まず「登記」とは何かを知っておく必要があります。

登記は主に権利関係などを明確にするための制度で、不動産以外にも商業登記、法人登記などの種類が存在しています。そのため不動産登記とは、「土地や建物などの不動産がどこにあるのか」「どんな不動産なのか」「誰が所有しているのか」「ローンを組んでいればどの金融機関からどれくらいお金を借りているのか」などの権利関係をすべて明確にすることを指します。

法務局が管理する不動産登記簿に情報が明記されており、その情報が変われば手続きをして最新の情報に変更します。不動産登記は自分で行うことも可能ですが、司法書士に依頼しないと不動産取引時に騙されるリスクが高まったり、ローンを利用する場合は金融機関から司法書士に依頼するよう求められたりすることもあります。そのため、不動産登記を行う際は司法書士への依頼が一般的となっています。

不動産登記を司法書士に依頼した場合の費用相場

不動産売買契約や取引の際に必要な不動産登記の手続きには司法書士が欠かせません。そんな司法書士に不動産登記を依頼した場合、どれくらいの費用相場となっているのでしょうか?

司法書士に支払う費用は、不動産登記の種類や取引される不動産の値段、地域などによっても異なるため、明確な相場を出すことは難しいです。あくまでも目安となりますが、単純な登記の場合、司法書士へ支払う費用は概ね2万円から10万円と考えておきましょう。

なお、不動産登記の種類で最も費用が高くなりやすいのが、相続の所有権移転登記です。所有権移転登記には売買もありますが、相続の方が高くなりやすい理由は手続きを進める際の作業が多い点が挙げられます。

例えば相続人が増えればその分、作業も増えてしまうため、司法書士への報酬が加算されていくのです。逆に相続の所有権移転登記でも相続人の数が少なければ費用も少なくなります。

司法書士の依頼費用以外にどんな費用がかかる?

不動産登記では司法書士への依頼にかかる費用以外にも、「登録免許税」が発生します。登録免許税とは不動産登記を受ける際に課税されるもので、土地・建物における評価額に対して決められた税率を掛けた金額を納めなくてはなりません。税率は登記の種類ごとに異なっています。

所有権移転登記(売買・土地)…1.5%(令和4年3月31日までに登記を受けた場合)
所有権移転登記(売買・建物)…2.0%(条件を満たした住宅用家屋には軽減税率もあり)
所有権移転登記(相続・土地と建物)…0.4%
所有権移転登記(贈与・土地と建物)…2.0%
所有権保存登記(新築・土地と建物)…0.4%
抵当権設定登記(住宅ローン)…0.4%
抵当権抹消登記…不動産の個数×1,000円

評価額は、土地・建物だと固定資産税の課税評価額となります。

例えば固定資産評価1,000万円の土地を購入し、そこに評価額800万円の建売住宅を購入し、2,500万円の住宅ローンを組んだケースでは、どれくらいの登録免許税がかかるのか計算してみましょう。

【土地の所有権移転登記】
土地の評価額1,000万円×税率1.5%=15万円

【建物の所有権移転登記】
建物の評価額800万円×税率2.0%=16万円

【住宅ローンの抵当権設定登記】
住宅ローン2,500万円×税率0.4%=10万円

15万円+16万円+10万円=41万円

このケースにおける登録免許税は合計で41万円になることが分かりました。登録免許税も土地の取得方法から建物の状態などで金額は変動するものの、事前に計算方法を知っておくと費用計画も大きく崩れる心配がありません。

不動産登記を司法書士に依頼した場合の費用まとめ

今回は不動産登記を司法書士に依頼した場合、どれくらいの費用がかかるのかご紹介してきました。今回ご紹介した費用相場はあくまで目安の数字となりますが、大体の費用が分かっていると予算を立てる際にも役立ちます。

山口県を中心に不動産登記を手掛ける司法書士さくらばたけ事務所では、お客様に寄り添いながらご満足いただけるよう業務に取り組んでいます。不動産登記に関するお悩み・ご不安も丁寧にお聞きし、スピーディーかつ正確に問題解決に向けて取り組みますので、まずはお気軽にご相談ください。

0

PAGE TOP