家族信託

家族信託はご家族の資産を有効に活用する手段です

信託とは、委託者が一定の財産を拠出して、その財産の管理・運用を受託者にお願いします。受託者が財産を管理・運用しているなかで発生した利益を受益者に分配することによって、受益者が主に経済的に利益を享受することができます。多くの資産をお持ちの方の資産管理の方法としても有効ですが、それほど多くの資産をお持ちでない方であっても、十分に検討の余地のある制度です。

成年後見制度のデメリットを補える制度です

高齢となってご自身が十分な判断能力を喪失した際の財産管理については、今まで主には成年後見制度が利用されてきていました。しかし、成年後見制度については、ご本人の財産を守る側面が強く、判断能力を失ったご本人以外のためにその方の財産を活用することはできませんでした。その結果、ご本人は多くの資産を持っていても、その配偶者やお子様たちが経済的に困窮するということも起こりえました。また、成年後見制度ではご本人の資産を運用することはできませんので、定期的・あるいは臨時の収入がある以外にご本人の資産が増えるということはありません。

しかし、信託では委託者の資産の管理・運用を受託者がおこないますので、管理・運用の方法によっては資産を増やしたり、委託者本人のため以外に利用することも可能です。その信託の制度を家族の中で利用する方法が家族信託です。

こうした場面で有効な制度です

PAGE TOP